ネット上の誹謗中傷は中傷ビラをまかれるのと同じです

fotolia_106945164_subscription_monthly_m

ネット誹謗中傷対策

ネット上での名前を伏せた誹謗、中傷が大きな問題となっています。よくニュースで取り上げられるのが、芸能人や有名人がブログやSNSを通して発言した内容がいわゆる”炎上”して、多くの人々から攻撃の対象となっている、という現象です。

こうした現象はネットの匿名性という特殊な環境が大きな原因となっていることは言うまでもありません。もちろんブログやSNSで自分の考えを発信するからにはそれに同意しない人もいる、ということを理解したうえでほとんどの人は発信しているわけですが、それにしてもコメントを寄せる人の中にはただの反対意見や批判を通り越して、個人攻撃、真実ではないことを真実であるかのように書いて中傷する人たちがいるのは大きな問題です。

こうした真実に基づかない情報で個人や会社の名誉や評判が毀損された場合、またそれによって会社の業績に影響があった場合などはそれは明らかな犯罪行為となります。

これは現実世界で置き換えてみると分かるのですが、たとえば個人を中傷するビラを電信柱に貼って回った場合、その行為が犯罪行為である、ということは皆さんもすぐにお分かりいただけると思います。もちろんそうしたビラを貼る人たちはビラに自分の名前を書いたりはしませんよね。

ネット上で特定の人を匿名で攻撃するのも同じことです。ネット上でいわば電信柱ともいえるさまざまな掲示板に中傷する書き込みをするのは中傷ビラを貼るのと同じことなのです。

誹謗中傷対策なら弁護士相談

そう考えてみると、万が一自分がネット上で誹謗中傷の被害に遭った場合にどう対応したらよいかはおのずと明らかです。

もし、中傷ビラをまかれたりしたなら当然、警察に相談に行くはずです。そして法的な対処をするために誹謗中傷対策をしている弁護士に相談することでしょう。ネット上での被害も同じです。いつまでも悩んだり、またそのまま放置しておくのではなくできるだけ早く弁護士に相談するのが得策です。なぜなら、ネット上の情報というのはどんどん拡散する恐れを持っているからです。

ビラは、物理的な数に限界があり、影響は一部ですが、ネットは世界中の方がアクセスできるため、より大きな影響が考えられ、また被害もビラよりもはるかに大きな影響を与えるのです。

ネット上で相手とやりあっても泥仕合になるだけです。裁判所の判断をいただきながら誹謗中傷の書き込みを削除し、被害が発生した場合、損害賠償を獲得することが重要です。

裁判所の手続きは煩雑であるため、専門家であるネットに強い弁護士に相談したほうが、効果的だといえるでしょう。

ネット犯罪の恐ろしさは、やっている本人たちは、きっと捕まるはずがないというスリルを楽しみながら、犯罪を犯している意識が弱いことです。あるネットに強い弁護士の名前を借りた爆破予告が全国でおこなわれ、その首謀者が捕まりました。反省文なるものを書いてそれが公開されましたが、弁護士を「ネットのおもちゃ」のような感覚で遊んでしまったと述べています。

まずは、刑事犯罪を犯しているという認識を誹謗中傷の書き込みを行っている犯人に認識してもらうには、弁護士を通じて法的な裁きを下す必要があると考えたほうがよいでしょう。